nms logo

渡辺 雄貴Youki Watanabe
助教




研究テーマ

・排卵障害の発生メカニズム
・卵胞発育を担うKNDyニューロンの分泌制御メカニズム
・発情動物の行動および内分泌制御メカニズム


略歴

2011年3月 岐阜大学応用生物科学部 卒業
2013年3月 名古屋大学生命農学研究科生命技術科学専攻博士課程(前期課程)修了
2013年4月 名古屋大学生命農学研究科生命技術科学専攻博士課程(後期課程)進学
2015年4月 日本学術振興会特別研究員(DC2)
2016年3月 名古屋大学生命農学研究科
2016年3月生命技術科学専攻博士課程(後期課程)修了、博士(農学)
2016年3月 リーディングプログラム (グリーン自然科学国際教育プログラム)修了
2016年4月 東京大学大学院農学生命科学研究科
2016年4月 獣医学専攻獣医繁殖育種学教室 特任研究員
2017年4月 日本医科大学解剖学(生体構造学)・助教


所属学会

日本繁殖生物学会、日本下垂体研究会、日本生殖内分泌学会、日本神経内分泌学会、Society for Neuroscience (USA)、Society for Endocrinology (USA)


受賞歴

2012年12月 日本生殖内分泌学会学術奨励賞受賞
2015年8月 日本下垂体研究会最優秀発表賞受賞


研究手法・テクニック

ラットを用いたin vivo 実験(経時的頻回採血など)、RIAによるホルモン測定、免疫組織化学染色, in situ hybridization、分子生物学など


論文(直近5年)

Watanabe Y, Ikegami K, Ishigaki R, Ieda N, Uenoyama Y, Maeda K-I, Tsukamura H and Inoue N. Enhancement of the LH surge by male olfactory signals is associated with AVPV Kiss1 cell activation in female rats. Journal of neuroendocrinology, 29(8), 2017.

Ieda N, Watanabe Y, Bun C, Vutha P, and Uenoyama Y. Characterization of Smallholder Livestock Farming in Kampong Cham Province, Cambodia — A Pilot Study in Prey Chhor District —Journal of International Cooperation for Agricultural Development, 15, 42-47, 2017.

Minabe S, Ieda N, Watanabe Y, Inoue N, Uenoyama Y, Maeda KI, Tsukamura H. Long-term neonatal estrogen exposure causes irreversible inhibition of LH pulses by suppressing arcuate kisspeptin expression via estrogen receptors α and β in female rodents. Endocrinology, 158 (9) 2918-2929, 2017.

Uenoyama Y, Tomikawa J, Inoue N, Goto T, Minabe S, Ieda N, Nakamura S, Watanabe Y, Ikegami K, Matsuda F, Ohkura S, Maeda KI, Tsukamura H. Molecular and Epigenetic Mechanism Regulating Hypothalamic Kiss1 Gene Expression in Mammals. Neuroendocrinology, KARGER Medical and Scientific publishers 103(6):640-9, 2016.

渡辺雄貴、雄ラットの床敷曝露による雌ラット前腹側室周囲核キスペプチンニューロンの活性化およびLH分泌の増強作用、日本下垂体研究会誌短報、2016.

Nakamura S, Uenoyama Y, Ikegami K, Dai M, Watanabe Y, Takahashi C, Hirabayashi M, Tsukamura H, Maeda KI. (2016) Neonatal kisspeptin is steroid-independently required for defeminisation and peripubertal kisspeptin-induced testosterone is required for masculinisation of the brain: A behavioural study using Kiss1 KO rats. Journal of Neuroendocrinology 28, 2016

Uenoyama Y, Nakamura S, Hayakawa Y, Ikegami K, Watanabe Y, Deura C, Minabe S, Tomikawa J, Goto T, Ieda N, Inoue N, Sanbo M, Tamura C, Hirabayashi M, Maeda KI, Tsukamura H. Lack of pulse and surge modes and glutamatergic stimulation of LH release in Kiss1 Knockout rats. Journal of Neuroendocrinology 27, 187-197, 2015.

Watanabe Y, Uenoyama Y, Suzuki J, Takase K, Suetomi Y, Ohkura S, Inoue N, Maeda KI. and Tsukamura H. Oestrogen-Induced Activation of Preoptic Kisspeptin Neurones May be Involved in the Luteinising Hormone Surge in Male and Female Japanese Monkeys, Journal of Neuroendocrinology, 26, 909-917, 2014.

Ieda N, Uenoyama Y, Tajima Y, Nakata T, Kano M, Naniwa Y, Watanabe Y, Minabe S, Tomikawa J, Inoue N, Matsuda F, Ohkura S, Maeda KI, Tsukamura H. KISS1 gene expression in the developing brain of female pigs in pre- and peripubertal periods, Journal of Reproduction and Development 60 (4):312-316, 2014.

Sakakibara M, Uenoyama Y, Minabe S, Watanabe Y, Deura C, Nakamura S, Suzuki G, Maeda KI and Tsukamura H. Microarray analysis of perinatal-estrogen-induced changes in gene expression related to brain sexual differentiation in mice. PLoS ONE 8: e79437, 2013.

Nakahara T, Uenoyama Y, Iwase A, Oishi S, Nakamura S, Minabe S, Watanabe Y, Deura C, Noguchi T, Fujii N, Kikkawa F, Maeda KI, Tsukamura H. Chronic peripheral administration of kappa-opioid receptor antagonist advances puberty onset associated with acceleration of pulsatile luteinizing hormone secretion in female rats. Journal of Reproduction and Development 59: 479-484, 2013.

Takahashi T, Watanabe Y, Tanaka Y, Iwasawa A, Nakagawa-Mizuyachi K, Sugiura H, Hirowatari H, Kai M, Murata K. Binding affinity and capacity to arginine vasotocin in the oviduct magnum and isthmus compared with in the oviduct uterus (shell gland) and vagina of laying chickens (Gallus domesticus). Medicine and Biology 155(11):830-834, 2011.

高橋哲也、渡辺雄貴、田中ゆりこ、伊藤嘉彦、岩澤淳、水谷内香里、小島誠、池田雅志、廣渡洋史、杉浦弘通、兵藤博行、村田公一. ヒトのいろいろな器官の名称に対する医療系専門学校生の正解率について. 医学と生物学. 157: p.866-869. 2013

高橋哲也、田中ゆりこ、渡辺雄貴、伊藤嘉彦、 岩澤淳、水谷内香里、廣渡洋史、小島誠、池田雅志、杉浦弘通、兵藤博行、村田公一. ニワトリの脳の異なる状態における硬さの比較. 医学と生物学. 157: p.1289-1292. 2013

高橋哲也、渡辺雄貴、田中ゆりこ、伊藤嘉彦、池田雅志、廣渡洋史、小島誠、岩澤淳、水谷内香里、杉浦弘通、兵藤博行、村田公一. ニワトリの脳の簡便な作図法の検討. 医学と生物学. 157: p.1293-1296. 2013

高橋哲也、田中ゆりこ、渡辺雄貴、伊藤嘉彦、岩澤淳、水谷内香里、小島誠、池田雅志、廣渡洋史、杉浦弘通、兵藤博行、村田公一. 医療系専門学校の学生が実物を見たことがある動物の器官について. 医学と生物学. 157: p.1297-1300. 2013

高橋哲也、渡辺雄貴、田中ゆりこ、伊藤嘉彦、池田雅志、廣渡洋史、小島誠、岩澤淳、水谷内香里、杉浦弘通、兵藤博行、村田公一. 動物器官の重量と名称の知識との関係ー医療系短期大学生におけるニワトリを使った検証ー. 医学と生物学. 157: p.1301-1304. 2013

高橋哲也、田中ゆりこ、渡辺雄貴、伊藤嘉彦、廣渡洋史、小島誠、池田雅志、岩澤淳、水谷内香里、杉浦弘通、兵藤博行、村田公一. 実験実習が学生の知識の向上に及ぼす効果ー医療系短期大学において行なった盲斑の描画実験からー. 医学と生物学. 157: p.1305-1309. 2013

高橋哲也、渡辺雄貴、田中ゆりこ、伊藤嘉彦、岩澤淳、水谷内香里、小島 誠、池田雅志、廣渡洋史、杉浦弘通、兵藤博行、村田公一. ニワトリの器官の画像を使った講義が医療系専門学校生におけるヒトの器官の名称に関する知識の向上に及ぼす効果. 医学と生物学. 157、p.1310-1313. 2013.

高橋哲也、渡辺雄貴、田中ゆりこ、伊藤嘉彦、池田雅志、廣渡洋史、小島誠、岩澤淳、水谷内香里、杉浦弘通、兵藤博行、村田公一. 鳥類の脳の名称に関する医療系短期大学生の知識について。医学と生物学. 157: p.1314-1317. 2013

高橋哲也、田中ゆりこ、渡辺雄貴、岩澤淳、水谷内香里、伊藤嘉彦、廣渡洋史、小島誠、池田雅志、杉浦弘通、兵藤博行、村田公一. 解剖とそれ以外の生物の実験との高校生における印象度の比較。医学と生物学、157、p.1318-1321. 2013

高橋哲也、田中ゆりこ、渡辺雄貴、岩澤淳、水谷内香里、廣渡洋史、杉浦弘通、兵藤博行、村田公一. 医療系専門学校の学生における脳下垂体を見た経験の変化. 医学と生物学. 156: p.1-4. 2012

高橋哲也、渡辺雄貴、田中ゆりこ、岩澤淳、水谷内香里、廣渡洋史、杉浦弘通、村田公一. ニワトリの脳といろいろな食品との硬さの比較. 医学と生物学. 156: p.417-420. 2012

高橋哲也、田中ゆりこ、渡辺雄貴、岩澤淳、水谷内香里、廣渡洋史、杉浦弘通、村田公一、医療系専門学校で実施した解剖観察実習におけるニワトリとラットの器官の発見率の違い. 医学と生物学、156: p.421-424. 2012


学会発表

<国内学会>
渡辺雄貴、井上直子、池上花奈、上野山賀久、束村博子、オスラット由来の嗅覚刺激によるメスラット前腹側室周囲核 (AVPV) キスペプチンニューロンの活性化およびLH分泌の増強作用、日本繁殖生物学会、9月・2016年(ポスター発表)

渡辺雄貴、井上直子、池上花奈、上野山賀久、束村博子、メスとの同居はオスラットAVPVのKiss1発現およびLH分泌上昇を誘起する、日本繁殖生物学会、9月・2015年(口頭発表)

渡辺雄貴、井上直子、池上花奈、上野山賀久、束村博子、オスラットの床敷曝露によるメスラットの前腹側室周囲核 (AVPV) のキスペプチンニューロンの活性化およびLH分泌の増強作用、日本下垂体研究会、8月・2015年、(口頭発表)

渡辺雄貴、榊原基嗣、上野山賀久、美辺詩織、出浦慎哉、中村翔、前多敬一郎、束村博子、新生児期エストロジェンにより発現が変化する視床下部内遺伝子の網羅的解析,日本繁殖生物学会,8月・2014年(ポスター発表)

渡辺雄貴、上野山賀久、家田菜穂子、川原万季、高瀬健志、末富祐太、鈴木樹理、大蔵聡、前多敬一郎、束村博子,雌雄ニホンザルにおいてエストロジェンはKISS1ニューロンの活性化を介して黄体形成ホルモンのサージ状分泌を誘起する、日本生殖内分泌学会、12月・2012年、(口頭発表)

渡辺雄貴、上野山賀久、家田菜穂子、川原万季、高瀬健志、末富祐太、鈴木樹理、大蔵聡、前多敬一郎、束村博子,ニホンザルのサージ状黄体形成ホルモン (LH)分泌におけるキスペプチンニューロンの役割,日本繁殖学会,9月・2012年(ポスター発表)


<国際学会>
Watanabe Y, Ishigaki R, Ikegami K, Ieda N, Uenoyama Y, Maeda K-I, Tsukamura H, Inoue N. Augmentation of the LH surge by male olfactory signals is associated with AVPV Kiss1 cell activation in female rats. Endocrine meeting 2017, Orland, USA, 2017年3月(ポスター発表)

Watanabe Y, Ishigaki R, Ikegami K, Ieda N, Uenoyama Y, Maeda K-I, Tsukamura H, Inoue N. Augmentation of the LH surge by male olfactory signals is associated with AVPV Kiss1 cell activation in female rats. kisspeptin 2017, Orland, USA, 2017年3月(ポスター発表)

Watanabe Y, Uenoyama Y, Kawahara M, Takase K, Suetomi Y, Suzuki J, Ohkura S, Maeda KI, Tsukamura H. Estrogen-Induced Activation of Preoptic Kisspeptin Neurones is involved in the Luteinising Hormone Surge in Male and Female Japanese Monkeys. pros. Cutting-edge Reproductive Physiology: Path to pregnancy -Regulation mechanisms at watershed point-, Gdansk, Poland, 2015年9月(口頭発表)

Watanabe Y, Sakakibara M, Uenoyama Y, Minabe S, Deura C, Nakamura S, Maeda KI, Tsukamura H. Changes in gene expressions induced by perinatal estrogen related to the brain sexual differentiation in rodents. World Congress of Reproductive Biology, Edinburgh, UK, 2014年9月(ポスター発表)

Watanabe Y, Sakakibara M, Uenoyama Y, Minabe S, Deura C, Nakamura S, Maeda KI, Tsukamura H. Estrogen-induced changes in gene expressions related to the brain sexual differentiation in rodents. Pros. The International Congress of Neuroendocrinology, Sydney, Australia, 2014年8月 (ポスター発表)

Watanabe Y, Uenoyama Y, Kawahara M, Takase K, Suetomi Y, Suzuki J, Ohkura S, Maeda KI, Tsukamura H.Estrogen positive feedback mechanism governing luteinizing hormone surge is conserved in the male primate brain. Pros. Neuroscience2013, San Diego, USA, 2013年11月 (ポスター発表)

Watanabe Y, Uenoyama Y, Ieda N, Kawahara M, Takase K, Suetomi Y, Suzuki J, Ohkura S, Maeda KI, Tsukamura H. Involvement of kisspeptin neurons in the regulation of estrogen-induced luteinizing hormone surge in both sexes of the Japanese macaque (Macaca fuscata fuscata). Pros. 2nd world conference kisspeptin signaling in the brain, Tokyo, Japan, 2012年11月(ポスター発表)