nms logo

佐久間 康夫Yasuo Sakuma
特別研究員




CV on web (English)
CV on web (Japanese)
Google Scholar Citations

自己紹介

生理学者・日本医科大学名誉教授・Adjunct Professor, Rockefeller Univ.・ 東京医療学院大学名誉学長・生殖内分泌学・行動生理学。性ホルモンの中枢作用・脳の性差・性行動が専門。ネコの手先。鉄分高し。日本生理学会英文誌 J. Physiol. Sci. 編集委員長としてフォトショ、捏造と戦うこと7年。今は現委員長の尽力でIF 2.757 となりました。


略歴

2019年4月 - 現在 東京医療学院大学 名誉学長
2012年4月 - 現在 日本医科大学 名誉教授
2008年9月 - 現在 ロックフェラー大学 連携教授
2003年4月 - 現在 東京大学 大学院 農学生命科学研究科 非常勤講師
2012年4月 - 2019年3月 東京医療学院大学 学長
2002年4月 - 2012年3月 日本医科大学大学院医学研究科 システム生理学分野 教授
2004年 - 2012年 日本医科大学 医学(系)研究科(研究院) 教授
1988年4月 - 2005年3月 横浜市立大学 医学部 非常勤講師
1994年5月 - 2002年3月 日本医科大学 医学部 生理学第一講座 教授
1988年 - 1994年 弘前大学 医学部 生理学第一講座 教授
1986年4月 - 1988年1月 新潟大学 大学院 自然科学研究科 生命システム科学 助教授 (兼担)
1981年 - 1988年 新潟大学 医学部 生理学第二講座 助教授
1985年11月 - 1987年3月 東京都老人総合研究所 客員研究員
1976年8月 - 1981年3月 群馬大学 医学部 行動生理学部門 助教授
1978年9月 - 1980年3月 ロックフェラー大学 客員准教授
1976年9月 - 1978年8月 ロックフェラー大学 博士研究員
1976年4月 - 1976年7月 群馬大学 医学部 行動生理学部門 講師
1975年4月 - 1976年3月 横浜市立大学医学部第二生理学講座 助手


受賞

2010年8月 日本下垂体研究会 吉村賞
1990年3月 第21回内藤記念科学奨励金
1990年1月 第8回唐牛記念医学研究助成
1989年3月 ブレインサイエンス財団研究助成
1988年9月 金原一郎記念医学医療研究振興財団研究助成
1988年9月 日本医師会医学研究助成
1986年10月 持田記念医学薬学研究振興財団研究助成
1986年3月 第15回内藤記念派遣助成
1986年3月 上原記念生命科学財団昭和60年度研究奨励
1985年10月 成茂神経科学研究助成
1985年9月 新潟市医師会学術研究助成
1985年3月 第16回内藤記念科学奨励金
1985年1月 新潟大学学術奨励金
1984年5月 工藤学術財団学術研究補助
1983年5月 第3回横浜医学会賞


所属学会

日本生理学会(1976-、常任幹事 2002-2013、評議員、英文誌編集委員 2000-、英文誌編集委員長 2007- 2013、2008 年学会大会長、)
国際生理科学連合国際プログラム委員(2006-2009)
日本神経科学学会(専門会員、1980-)
日本内分泌学会(代議員、 1981-)
日本神経内分泌学会(功労評議員、2005年学術集会長、2000-)
日本病態生理学会(理事、 2004 年学術集会長、1992-)
国際神経内分泌学会(International Society of Neuroendocrinology、プログラム委員、 1975-)
北米神経科学協会(Society for Neuroscience、国外会員、 1976-、国外)
アメリカ生理学会(1994-)
生理学会(英国1994-)
Society for Behavioral Neuroendocrinology(Advisor、1996-)
日本生殖内分泌学会(名誉会員、1998-)


自己紹介

Oxytocin is indispensable for conspecific-odor preference and controls the initiation of female, but not male, sexual behavior in mice. Dhungel S, Rai D, Terada M, Orikasa C, Nishimori K, Sakuma Y, Kondo Y Neuroscience research 2018年11月

Identification of an Intra- and Inter-specific Tear Protein Signal in Rodents. Tsunoda M, Miyamichi K, Eguchi R, Sakuma Y, Yoshihara Y, Kikusui T, Kuwahara M, Touhara K Current biology : CB 28(8) 1213-1223.e6 2018年4月

Characterization of rodent constitutively active estrogen receptor α variants and their constitutive transactivation mechanisms. Ishii H, Hattori Y, Munetomo A, Watanabe H, Sakuma Y, Ozawa H General and comparative endocrinology 248 16-26 2017年7月

Vomeronasal signal deficiency enhances parental behavior in socially isolated male mice. Orikasa C, Kondo Y, Katsumata H, Terada M, Akimoto T, Sakuma Y, Minami S Physiology & behavior 168 98-102 2017年1月

Oxytocin mediates copulation-induced hypoalgesia of male rats. 佐久間康夫 Neuroscience Letters 8(618) 122-126 2016年4月

Puerperal and parental experiences alter rat preferences for pup odors via changes in the oxytocin system. 佐久間康夫 Journal of Reproduction and Development 62(1) 17-27 2016年1月

Transient reversal of olfactory preference following castration in male rats: Implication for estrogen receptor involvement. 佐久間康夫 Physiology & Behavior 152(Pt A) 161-167 2015年12月

Social evolution. Oxytocin-gaze positive loop and the coevolution of human-dog bonds. 佐久間康夫 Science 348(6232) 333-336 2015年4月

Efferent and afferent connections of the ventromedial hypothalamic nucleus determined by neural tracer analysis: implications for lordosis regulation in female rats. 佐久間康夫 Neurosci Research 91 19-33 2015年2月

Estradiol-sensitive projection neurons in the female rat preoptic area. 佐久間康夫 Frontiers in Neuroscience 9 57-Epub 2015年

An enriched rearing environment calms adult male rat sexual activity: implication for distinct serotonergic and hormonal responses to females. Urakawa S, Mitsushima D, Shimozuru M, Sakuma Y, Kondo Y PloS one 9 e87911-ysakuma 2014年

他131編 research map参照