nms logo

ご挨拶Message



日本医科大学大学院 医学研究科解剖学・神経生物学分野を代表してご挨拶を申し上げます。大学院教授 小澤一史



「解剖学」は身体の構造を調べる学問です。近年、人体の不思議展等に多くの方々が詰めかける様子から、人々が自分の身体の仕組みに強い興味を持っていることが理解できます。「解剖学」というと朝から晩まで「人の身体を細かく解剖している」というイメージを持っている人が多くいます。人体の構造を観察することはもちろんですが、現代の解剖学はよりミクロ、 場合によっては遺伝子の解析まで行う分子生物学の性格をも取り入れたダイナミックな学問です。本研究室の研究としては「脳とホルモン」、「思春期発現に関する神経系、神経内分泌系の働き」を中心テーマとして様々な角度から検索しています。 脳の神経細胞には多くのホルモンが作用してその機能発現に影響を与えます。特にステロイドホルモンと呼ばれるホルモンはその受容体を介して神経細胞に様々な働きかけをします。 「ストレス」、「摂食」といった現代の大きな社会問題を考える上でもこの脳とホルモンの関係は重要なテーマとなります。さらにはこれも現代の社会問題になりつつありますが「思春期の始まり」 にもこの脳とホルモンの問題が大きく関わります。「生殖」という種の保存行為として本能とも言える行動も脳とホルモンが重要な働きを示します。これらの現象が発現する際に、 脳の神経細胞が様々なステロイドホルモンによってどのように制御を受けるかを神経細胞の形の変化を捉えることによって解明するアプローチをとっています。研究の方法は様々な方法を用います。 薄い切片を作成し、様々な染色法で神経細胞を染め出して顕微鏡で調べたり、神経細胞に特異的に発現する物質を特異的に同定する免疫組織化学法やそれらの物質の 遺伝子レベルでの発現を検索するin situ hybridization法を用いることもあります。また、細胞の超微細構造を調べるためには電子顕微鏡を用います。 超高圧電子顕微鏡という大型の電子顕微鏡で神経細胞を三次元的に捉える試みも行っています。いろいろな状況、環境の中での神経細胞の「形」と「働き」を調べ、 私たちの脳の仕組みの解明につなぐ努力を行っています。

一方、解剖学は医学教育の中では基本中の基本の学問であり、この解剖学の知識がきちんと把握できないと、その先の社会医学、臨床医学を効率よく、的確に身につけることが難しくなります。 解剖学を学ぶ上重要な過程に「人体解剖学実習」があります。生前、医学生の学習のために自らの身体を死後解剖に捧げるという意志を持った篤志家による「献体」によって提供されたご遺体を、 学生は約半年の時間をかけて解剖し、人体の精緻な構造を学ぶと共に「生命の尊厳」、「医の倫理」といった言葉を初めて直視する機会を得ます。医師になる人間として、 高いレベルのモラルを必要とされることを、身をもって経験するのです。従って私たちも極めて厳しい立場、態度で学生に接し、真摯な学習の場を構築する努力が求められることになります。 一方で、若い学生諸君の無限の可能性を引き出すおおらかさも私たちに求められる課題です。「認める。励ます。助言する」ことも重要な教育姿勢と考えています。 科学の目で病気の本質を見抜く力、慈しみの心を持って病人に接する人間性を持った医師、医学者の育成に全力を注ぎたいと思い、教室員一同努力しています。