nms logo

金谷 萌子Moeko Kanaya
ポストドクター




研究テーマ

雄の思春期を誘導する分子細胞化学的メカニズムの解明


略歴

2010年3月 早稲田大学人間科学部人間環境科学科卒業
2012年3月 早稲田大学大学院人間科学研究科修士課程修了
2015年3月 埼玉大学大学院理工学研究科博士後期課程修了 博士(理学)
2015年4月~ 日本医科大学大学院 解剖学・神経生物学分野 ポストドクター
現在に至る


所属学会

日本解剖学会, 日本神経内分泌学会, 日本神経科学会, 日本動物学会, Society for Neuroscience


研究手法・テクニック

免疫組織化学的手法, 分子生物学的手法, 行動学的手法(主に齧歯類の生殖行動解析)


論文

Moeko Kanaya, Masahiro Morishita, Shinji Tsukahara, “Temporal Expression Patterns of Genes Related to Sex Steroid Action in Sexually Dimorphic Nuclei During Puberty”, Frontiers in Endocrinology, doi: 10.3389/fendo.2018.00213, 2018.

Moeko Kanaya, Kinuyo Iwata, Hitoshi Ozawa, “Distinct dynorphin expression patterns with low- and high-dose estrogen treatment in the arcuate nucleus of female rats”, Biol Reprod, doi: 10.1093/biolre/iox131, 2017.

Moeko Kanaya, Mumeko C. Tsuda, Shoko Sagoshi, Kazuyo Nagata, Chihiro Morimoto, Chaw Kyi Tha Thu, Katsumi Toda, Shigeaki Kato, Sonoko Ogawa, Shinji Tsukahara, “Regional difference in sex steroid action on formation of morphological sex differences in the anteroventral periventricular nucleus and principal nucleus of the bed nucleus of the stria terminalis”, PLoS One, doi: 10.1371/journal.pone.0112616, 2014.

Kyaw Htet Aung, Tin-Tin Win-Shwe, Moeko Kanaya, Hirohisa Takano, Shinji Tsukahara, “Involvement of hemeoxygenase-1 in di(2-ethylhexyl) phthalate (DEHP)-induced apoptosis of Neuro-2a cells”, Journal of Toxicological Sciences, 39: 217-229, 2014.

Moeko Kanaya, Korehito Yamanouchi, “Defeminization of brain functions by a single injection of estrogen receptor α or β agonist in neonatal female rats”, Neuroendocrinology, 95: 297-304, 2012.


総説

Shinji Tsukahara, Moeko Kanaya, Korehito Yamanouchi, “Neuroanatomy and sex differences of the lordosis-inhibiting system in the lateral septum”, Frontiers in Neuroscience, doi: 10.3389/fnins.2014.00299, 2014.


学会発表

金谷萌子, 岩田衣世, 小澤一史,「エストロゲンの濃度変化における雌ラット弓状核dynorphinの発現変動」, 第122回日本解剖学会総会・全国学術集会, 長崎, 2017年3月. (ポスター発表)

金谷萌子, 岩田衣世, 小澤一史,「雌ラット弓状核のdynorphin発現に対するエストロゲンのネガティブフィードバック制御」, 第43回日本神経内分泌学会学術集会, 浜松, 2016年10月. (口頭発表)

金谷萌子, 岩田衣世, 小澤一史,「エストロゲンの濃度変化による弓状核dynorphinの発現変動」, 第25回日本行動神経内分泌研究会, 熱海, 2016年9月. (口頭発表)

金谷萌子, 津田夢芽子, 佐越祥子, 永田知代, 森本千尋, Chaw Kyi Tha Thu, 戸田勝巳, 加藤茂明, 小川園子, 塚原伸治,「性的二型核の性差形成における周生期と思春期の性ステロイド作用」, 第42回日本神経内分泌学会・第23回日本行動神経内分泌研究会合同学術集会, 仙台, 2015年9月. (口頭発表)

金谷萌子, 津田夢芽子, 佐越祥子, 永田知代, 森本千尋, Chaw Kyi Tha Thu, 戸田勝巳, 加藤茂明, 小川園子, 塚原伸治, 「前腹側脳室周囲核と分界条床核主核の性差形成に対する性ステロイド作用の相違性と類似性」, 第37回日本神経科学会, 横浜, 2014年9月. (ポスター発表)

Moeko Kanaya, Mumeko C. Tsuda, Shoko Sagoshi, Kazuyo Nagata, Chihiro Morimoto, Chaw Kyi Tha Thu, Katsumi Toda, Shigeaki Kato, Sonoko Ogawa, Shinji Tsukahara, “Regional differences in sexual steroid action on formation of sexually dimorphic nuclei in mice”, The 8th International Congress of Neuroendocrinology 2014, Sydney, August 2014. (ポスター発表)

金谷萌子, 津田夢芽子, 佐越祥子, 永田知代, 森本千尋, 栗原良平, 加藤茂明, 小川園子, 塚原伸治, 「性的二型核形成に関与する性ステロイド作用の領域特異性」, 第40回日本神経内分泌学会学術集会, 宮崎, 2013年10月. (口頭発表)

金谷萌子, 津田夢芽子, 佐越祥子, 永田知代, 森本千尋, 栗原良平, 加藤茂明, 小川園子, 塚原伸治, 「マウスの性的二型核形成に関与する性ステロイド作用の部位差」, 日本動物学会第84回大会, 岡山, 2013年9月. (口頭発表)

Moeko Kanaya, Shinji Tsukahara, Korehito Yamanouchi, “Involvement of the septum on neonatal estrogen-induced behavioral defeminization in rats”, Neuroscience 2012, New Orleans, October 2012. (ポスター発表)

金谷萌子, 塚原伸治, 山内兄人, 「雄ラットのロードーシス発現に対する新生期中隔破壊効果」, 日本動物学会第83回大会, 大阪, 2012年9月. (口頭発表)

金谷萌子, 塚原伸治, 山内兄人, 「雌ラット新生期中隔破壊は新生期エストロゲン投与による行動の脱雌性化を阻止するが無排卵症候群は阻止しない」, 第35回日本神経科学会, 名古屋, 2012年9月. (ポスター発表)

金谷萌子, 塚原伸治, 山内兄人, 「性行動の脱雌性化に対する新生期中隔破壊の効果」, 第17回日本神経行動内分泌研究会, 京都, 2012年8月. (口頭発表)

金谷萌子, 山内兄人, 「雌ラットの脳機能の雄性化に対するエストロゲンα, β受容体作動剤新生期投与効果」, 第16回日本生殖内分泌学会学術集会, 東京, 2011年11月. (口頭発表)

金谷萌子, 山内兄人, 「雌ラット視床下部ERα免疫陽性細胞数へのERα, β作動剤, 性ステロイド投与効果」, 日本動物学会第82回大会, 旭川, 2011年9月. (ポスター発表)

Moeko Kanaya, Ayako Ogata, Korehito Yamanouchi, “Effects of ERα and β agonists, estrogen and androgen on number of ERα-immunoreactive cells in the hypothalamus of female rats”, 8th IBRO World Congress of Neuroscience, Florence, Italy, July 2011. (ポスター発表)

金谷萌子, 山内兄人, 「雌ラットの性周期とロードーシスに対するエストロゲンα、β受容体作動剤新生期投与効果」, 第15回日本行動神経内分泌研究会, 2011年6月. (口頭発表)

金谷萌子, 山内兄人, 「雌ラット発情周期とロードーシスに対するエストロゲン受容体α, β作動剤新生期投与」, 日本動物学会第81回大会, 東京, 2010年9月. (口頭発表)

金谷萌子, 山内兄人, 「雌ラットにおける性周期とロードーシスに対するエストロゲンα, β受容体作動剤投与効果」, 第33回日本神経科学会, 神戸, 2010年9月. (ポスター発表)

Moeko Kanaya, Korehito Yamanouchi, “Defeminizing and masculinizing effects of single injection with estrogen receptor α or β agonist in neonatal female rats”, The 7th International Congress of Neuroendocrinology, Rouen, France, July 2010. (ポスター発表)