nms logo

服部 裕次郎Yujiro Hattori
講師




自己紹介

下垂体・内分泌領域にかねてより興味があり人生紆余曲折する中で、脳神経外科専門医ならびに小児科専門医を取得、そしてこのたび、大学院時代に研究を行っていた本教室に2017年4月より復帰しました。一般論で、臨床と基礎研究の両立はどちらも中途半端になり不可能とされていますが、自分の興味の赴くまま何とか新たな道を模索中です。また、医師としての10年以上の臨床経験を学生教育にも生かしていければと思います。
詳細は上記researchmap(https://researchmap.jp/yujiro)もご参照ください。


研究テーマ

脳神経系・ホルモン感受性腫瘍におけるエストロゲン受容体の発現調節機構の解明
下垂体腫瘍


略歴

2006年 慶應義塾大学医学部 卒業
2016年 日本医科大学大学院医学研究科・博士課程修了
2016年 日本医科大学脳神経外科 助教
2017年4月 日本医科大学大学院 医学研究科 解剖学・神経生物学 助教(脳神経外科学兼務)
2018年4月 日本医科大学大学院 医学研究科 解剖学・神経生物学 講師(脳神経外科学兼務)


所属学会

日本解剖学会、日本脳神経外科学会、日本脳神経外科コングレス、日本小児科学会、日本内分泌学会、日本神経内分泌学会、日本間脳下垂体腫瘍学会、日本組織細胞化学会、日本神経内視鏡学会, Endocrine Society


受賞歴

第31回日本間脳下垂体腫瘍学会研究奨励賞, 第24回・第28回臨床内分泌代謝Update 優秀ポスター賞

他 (researchmap参照)


学会発表

Yujiro Hattori, Hirotaka Ishii, Shimpei Higo, Mai Otsuka, Moeko Kanaya, Keisuke Matsumoto, Mina Ozawa, Hitoshi Ozawa: Optimized immunohistochemical detection of rat ESR2 proteins using the specific anti-ESR2 monoclonal antibody PPZ0506. The Endocrine Society's Annual Meeting, ENDO 2021 (online), 2021.3.20-23

服部裕次郎、石井寛高、田原重志、森田明夫、小澤一史:非機能性下垂体腺腫におけるデジタルPCR法および免疫組織化学染色法を用いたエストロゲン受容体発現の定量解析. 第31回日本間脳下垂体腫瘍学会, WEB開催, 2021.2.19-28

服部裕次郎, 石井寛高, 渡部寛, 森田明夫, 小澤一史 : C末端欠損型エストロゲン受容体α変異体の恒常的活性化機構の解析. 第121回日本解剖学会総会・全国学術集会, 福島, 2016.3.28

Yujiro Hattori, Hirotaka Ishii, Akio Morita, Hitoshi Ozawa: Identification of novel estrogen receptor β variants in the human. The 8th International Congress of Neuroendocrinology (Sydney, Australia),2014.8.18(ポスター発表)

他 (researchmap参照)


論文

Yujiro Hattori, Hirotaka Ishii, Shimpei Higo, Mai Otsuka, Moeko Kanaya, Keisuke Matsumoto, Mina Ozawa, Hitoshi Ozawa. Optimization of immunohistochemical detection of rat ESR2 proteins with well-validated monoclonal antibody PPZ0506. Molecular and Cellular Endocrinology. 523 (2021).

Yujiro Hattori, Hirotaka Ishii, Shigeyuki Tahara, Akio Morita, Hitoshi Ozawa. Accurate assessment of estrogen receptor profiles in non-functioning pituitary adenomas using RT-digital PCR and immunohistochemistry. Life Sciences. 118416 (2020).

Yujiro Hattori, Hirotaka Ishii, Arisa Munetomo, Hiroshi Watanabe, Akio Morita, Yasuo Sakuma, Hitoshi Ozawa, Human C-terminally truncated ERα variants resulting from the use of alternative exons in the ligand-binding domain. Molecular and Cellular Endocrinology, 425:111-22 (2016).

Yujiro Hattori, Hirotaka Ishii, Akio Morita, Yasuo Sakuma, Hitoshi Ozawa, Characterization of the fundamental properties of the N-terminal truncation (Δ exon 1) variant of estrogen receptor α in the rat. Gene, 571(1):117-25 (2015)

他 (researchmap参照)


コメント

医学部学生へ:上層部に直接聞きづらいような内容をE-mailで質問受けることがありますが、その際、本文だけでなく件名欄にも「学年・氏名・内容」を簡単にでも記載して頂けると助かります。